ある殺し屋 (1967)

藤原審爾の原作『前夜』を、増村保造と石松愛弘が共同で脚色し、森一生が監督したサスペンスドラマ。撮影は宮川一夫。

監督: 森一生
出演:市川雷蔵、野川由美子、成田三樹夫、渚まゆみ、千波丈太郎、小林幸子、小池朝雄

amazon : ある殺し屋 (1967)
prime video : ある殺し屋 (1967)
・YouTube : ある殺し屋 (1967)

ある殺し屋 (1967)のストーリー

塩沢(市川雷蔵)は名人芸の殺し屋として、やくざ仲間に名を知られていた。ふだんは平凡な一杯飲屋の主人だが、どんな困難な殺人でもやってのけた。ある日、塩沢は、無銭飲食と引きかえに、体で金を払うというズベ公スタイルの女、圭子(野川由美子)の金を払ってやった。その日から圭子は塩沢につきまとい、塩沢のやっている小料理屋“菊の家”までおしかけ、あげくの果にはおしかけ女中として“菊の家”に住みこんでしまった。塩沢が意外と小金を持っているらしいと睨んでのことで、夜ごと、塩沢を挑発するがぜんぜん相手にされなかった。そんなところへ、暴力団木村組から、競争相手のボス大和田(松下達夫)を殺してほしいと依頼があった。塩沢は二千万円でその仕事を引きうけた。競馬場、大和田邸、大和田の二号茂子のマンションと、塩沢は大和田をつけ狙ったが、強力なボディガードに守られた大和田に手が出なかった。しかし、ついに大和田主催のパーティに芸人として潜りこんだ塩沢は、大和田暗殺に成功した。塩沢の手口の鮮やかさと、報酬の大きさに惚れこんだ、木村組幹部前田(成田三樹夫)は、塩沢に弟子入りを頼んだが断わられた。しかし、前田は圭子から手なづけようと、強引に圭子と関係を結んだ。前田の若さと強引さに惹かれた圭子は、塩沢を殺して彼の金を盗ろうと前田にもちかけた。前田と圭子は色と慾で組んだ。そして計画を練った。それは、ボスを失った大和田組が麻薬を扱っているから、それを横どりしようというのだ。無論塩沢に異存はなかった。塩沢一流の周到な計画で、塩沢、前田、圭子の三人は、大和田組から二億円の麻薬をカツあげした。その瞬間前田は塩沢に拳銃を向けた。しかし、裏切りを予想していた塩沢は前田の拳銃の弾を抜いていた。愕然とする前田に、塩沢は約束通り麻薬を三等分して去っていった。初めて本当の男の気持にふれた前田は、麻薬も圭子も捨てて塩沢の後を追っていくのだった。

関連記事

  1. 忍びの者 伊賀屋敷 (1965)

  2. ある殺し屋の鍵 (1967)

  3. 若親分兇状旅 (1967)

  4. 剣鬼 (1965)

  5. 沓掛時次郎 (1961)

  6. 中山七里 (1962)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。