初春狸御殿 (1959)

木村恵吾が自らの脚本を監督した狸御殿映画。撮影も今井ひろし。

監督:木村恵吾
出演:市川雷蔵、若尾文子、勝新太郎、中村玉緒、金田一敦子、近藤美恵子、二代目水谷八重子、二代目中村鴈治郎

amazon : 初春狸御殿 (1959)
prime video : 初春狸御殿 (1959)

初春狸御殿 (1959)のストーリー

狸の国、カチカチ山の村娘お黒は大の孝行者だ。父の泥右衛門がカチカチ山で兎にしてやられた火傷の古きずの手当てに薬を売りに来る栗助を、憎からず思っていた。栗助もお黒が好きだった。ある日、猟師に追われて森へ逃げ出したお黒と泥右衛門は、番傘に化けた。同じく逃げこんできた狸御殿の腰元たちが、折からのにわか雨にこの番傘をさして帰った。狸御殿では、隣国の若君狸吉郎がきぬた姫との見合いにやって来るというので大騒ぎ。しかしきぬた姫は人間の夫を持ちたいと狸吉郎の到着と同時に人間社会へ家出してしまった。老女の狸路はお黒がきぬた姫と瓜二つなのを利用し、お黒を姫の身代りに立てた。狸吉郎はこのお黒にすっかり魅せられてしまった。きぬた姫の行方は一向に分らなかった。狸吉郎とお黒の恋愛はどんどん進行した。家老の狸右衛門は、お家安泰のために結婚させようと決心した。ところが、姫が人間たちから相手にされず悄然と狸の国へ帰って来たのだ。泥右衛門はいま帰られては折角の玉のコシがと、姫の帰路を襲った。これを知ったお黒は、姫の姿に代り、泥右衛門の一刀を浴びた。しかしお黒も栗助の薬で奇跡的に助かった。かくしていまはしとやかな娘に帰ったきぬた姫と狸吉郎、お黒と栗助という二組の祝言がめでたく取り行われることになった。

関連記事

  1. 薄桜記 (1959)

  2. 編笠権八 (1956)

  3. 若き日の信長 (1959)

  4. 千羽鶴秘帖 (1959)

  5. 浮かれ三度笠 (1959)

  6. 桃太郎侍 (1957)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。