若き日の信長 (1959)

大佛次郎の歌舞伎劇から、八尋不二が脚本をものし、森一生が監督した時代劇。撮影は相坂操一。モノクロ。

監督: 森一生
出演:市川雷蔵、金田一敦子、青山京子、高松英郎、北原義郎、二代目松本白鸚、小沢栄太郎、月田昌也、荒木忍

amazon : 若き日の信長 (1959)
prime video : 若き日の信長 (1959)
・YouTube : 若き日の信長 (1959)

若き日の信長 (1959)のストーリー

戦国時代。若き織田信長( 市川雷蔵 )は、尾張八カ郷を収め、清洲城により、駿遠三カ国の領主、今川義元と対していた。日高城主、山口左馬之助(香川良介)は歴代織田家に仕えていたが、今川方の優勢に屈し、内応の約束をした。娘の弥生( 金田一敦子 )を人質として清洲城に送ったのは、これを隠すためである。彼女を林美作守( 高松英郎 )と平手五郎右衛門(北原義郎)が出迎えた。美作守は名古屋の老臣林佐渡守の伜であり、五郎右衛門は信長の守役平手中務の長子である。信長は奇行で知られていたが、実は遠謀深慮の武将であった。林佐渡守が信長の弟信行を擁して、今川勢に降り、尾張の安全を計ろうとしていることも見抜いていたし、山口左馬之助の内通も承知していた。さらに、今度、弥生の世話係にされた腰元、小萩( 青山京子 )が織田に亡された一族の遺児であり、左渡守と通じて信長を仇とねらっていることも。諸国に、間者たちを放ったのだ。この権謀術策には足軽頭の木下藤吉郎が一役買っていた。

--信長は信行をむりやり馬に乗せ、ケガをさせた。弟の体の弱さを憂えてのことであったが、いつもの乱暴とされた。先殿の三回忌法要に、信長は姿を見せなかった。--美作守は弥生に恋を打ち明けたが、彼女は信長を慕っていた。小萩は平手中務の三男、甚三郎( 二代目松本白鸚 )をあやつり、信長を刺させようとする。--平手中務(小沢栄太郎)が自害した。信長の行動をいさめるためである。信長は遺書をつかんで男泣きに泣いた。今川の大軍が越境してきた。城門を開いた山口左馬之助は今川勢の手で斬殺された。そうなるように信長が手をうったのだ。前線の城は次々とおちた。甚三郎は盃をくむ信長のスキを狙ったが、果せなかった。中務の次男、監物はこれを知ると、小萩を斬ろうとする。そのとき、美作守などが救いに現れるが、五郎右衛門の槍に刺され、--裏切者は彼ら三兄弟に成敗されたのである。信長は弥生からその慕情を告げられた。彼は彼女のうつ鼓に合せて謡をうたい出陣の舞を一さし舞った。豪雨の中を、数十騎を連れ、桶狭間をめざして馬を駆った。今川勢は敗走し、信長は義元の首級をかかげた。

関連記事

  1. 新・平家物語 (1955)

  2. 忍びの者 新・霧隠才蔵 (1966)

  3. 編笠権八 (1956)

  4. 新・忍びの者 (1963)

  5. 日蓮と蒙古大襲来 (1958)

  6. 浮かれ三度笠 (1959)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。