手討 (1963)

岡本綺堂原作“お菊と播磨”を八尋不二が脚色、田中徳三が監督した悲恋もの。撮影はコンビの牧浦地志。

監督: 田中徳三
出演:市川雷蔵、藤由紀子、若山富三郎、成田純一郎、中村豊、矢島陽太郎、佐々十郎、柳永二郎、阿井美千子

amazon : 手討 (1963)
prime video : 手討 (1963)
・YouTube : 手討 (1963)

手討 (1963)のストーリー

徳川初期の明歴二年。加賀百万石の屋敷前で、旗本、新藤源次郎(若山富三郎)が切腹した。ことのおこりは、過日上覧能が催された折、源次郎が退屈の余り無遠慮な欠伸をもらしたことにあった。舞台で舞っていた前田加賀守(名和宏)は、自分の能にケチをつけられたと思いこみ、源次郎の処分を幕府に迫った。大藩を嵩にきた理不尽な申し入れに、旗本一同は、大久保彦左衛門(菅井一郎)、青山播磨(市川雷蔵)を通して松平伊豆守(柳永二郎)にとりなしを願い出た。騒ぎは大きくなり、旗本と大名の対立となった。この騒ぎを知って源次郎は、自分一人が腹を切ればすむと、潔よく男らしい最期を遂げたのだった。ある春雨に煙る一日、播磨は新藤の墓標に参った。その帰途、播磨は腰元お菊(藤由紀子)と結ばれた。己にまめまめしく仕えるお菊の態度に、播磨は将来を誓った。源次郎の死を契機として旗本の近藤、沢、森などが主となって白柄組を結成した。幕府の治世も漸く地につき、世は泰平ムードに満ちていた。建幕の功労者、直参旗本も次第に疎んじられ、目的を失った彼らは至るところで大名と衝突した。

白柄組の悪名は日に日を追って高くなった。播磨はこれを憂い、自分がこれを抑えなくては、という考えで白柄組の頭領となった。しかし、播磨でもこの流れを止めることはできなかった。そんな流れのうちに旗本の理解者、彦左衛門が亡くなった。通夜の帰途、白柄組と加賀守の大行列は偶然に出逢った。播磨の制止も聞かばこそ、両者は大乱闘を引き起した。加賀守は、島津藩、仙台藩と結んで白柄組員の引渡しを幕府に要求した。困り抜いた伊豆守は、加賀守の縁つづきの姫と播磨の結婚を策した。しかし播磨はこの解決策をけった。ために幕府は播磨に責任を押しつけた。そうとは知らないお菊は播磨の心情を疑い、青山家伝来の家宝の皿を割った。粗相で割らず、播磨の心情を疑って割ったとあっては、播磨も許せなかった。お菊を切り、自分は白柄組の責めを一身に負って腹を切る青山播磨であった。

関連記事

  1. 釈迦 (1961)

  2. 秦・始皇帝 (1962)

  3. 安珍と清姫 (1960)

  4. 中山七里 (1962)

  5. 新源氏物語 (1961)

  6. 濡れ髪牡丹 (1961)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。