新・忍びの者 (1963)

村山知義の原作を、高岩肇が脚色、森一生が監督した忍者ものシリーズ第三弾。撮影は今井ひろし。

監督: 森一生
出演:市川雷蔵、若尾文子、成田純一郎、北原義郎、杉田康、中村豊、伊達三郎、東野栄治郎

amazon : 新・忍びの者 (1963)
prime video : 新・忍びの者 (1963)
・YouTube : 新・忍びの者 (1963)

新・忍びの者 (1963)のストーリー

豊臣秀吉( 東野栄治郎 )暗殺に失敗して釜煎りの刑に処された五右衛門(市川雷蔵)は徳川家康(三島雅夫)の秘命を受けた忍者服部半蔵(伊達三郎)の助けを受け、刑場から脱出した。間もなく京の街は、姿なき怪盗におびやかされ混乱してくる。生きていた忍者五右衛門の仕業だ。折も折、秀吉の専横も目にあまり、淀君(若尾文子)の腹に生れた秀頼を正嗣とし、秀次(成田純一郎)を動揺させるばかりか正室北政所(細川ちか子)の嫉妬をもあおった。五右衛門の謀略はこんな騒動をよそに、淀君を襲い、秀頼を奪おうとした。失敗はしたが、淀君の心をいたく不安にした。そのころ朝鮮出兵を考えた秀吉は、武断派、文治派の争いも聞かず、朝鮮出兵に出た。その間五右衛門は、秀吉、秀次、北政所らの離間工作を着々と進めていた。朝鮮出兵の鋒をおさめた秀吉に叱責された秀次が聚楽第に帰って来るや、どこからともなく聞えて来る五右衛門の声に悩まされた。また淀君、三成らの合作に秀次失脚を知らされた北政所にも、五右衛門の声が聞こえた。五右衛門は更に秀次が金蔵改めに調達した大金を奪い、いよいよ秀次を窮地に陥し入れた。秀次の老臣木村常陸介(嵐三右衛門)は、最後の手段として、五右衛門に秀吉暗殺を依頼した。五右衛門は時期到来とひとりほくそえむのであった。一方伏見城秀吉のもとでは、死病の床についた秀吉が家康を枕辺に呼び、秀頼の後だてになってくれるよう頼んだ。家康は、天下掌握の時と内心の喜びにひたった。秀吉から切腹を命ぜられた秀次が高野山で果てた頃、忍びの術をつくして秀吉の寝所に入りこんだ五右衛門を、家康と見誤った秀吉は、後事を頼み最後を遂げた。労せずして主導権をとった家康は、五右衛門に仕官をすすめたが「家康は俺を使って天下を取ったが、俺は家康のおかげで妻子の仇をとった」と、関ケ原の朝霧の中に消えていった。

関連記事

  1. ある殺し屋 (1967)

  2. 忍びの者 続霧隠才蔵 (1964)

  3. 新源氏物語 (1961)

  4. 大菩薩峠 完結篇 (1961)

  5. 忍びの者 伊賀屋敷 (1965)

  6. 若親分兇状旅 (1967)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。