眠狂四郎 多情剣 (1966)

柴田錬三郎の原作を星川清司が脚色、井上昭が監督した“眼狂四郎”シリーズ第七作目。撮影は竹村康和。

監督:井上昭
出演:市川雷蔵、二代目水谷八重子、中谷一郎、五味龍太郎、毛利郁子、香川景子、田村寿子

amazon : 眠狂四郎 多情剣 (1966)
prime video : 眠狂四郎 多情剣 (1966)
・YouTube : 眠狂四郎 多情剣 (1966)

眠狂四郎 多情剣 (1966)のストーリー

眠狂四郎(市川雷蔵)は、ある日“菊”とだけ署名のある書状に呼ばれて、江戸の岡場所“井筒”という娼家へやって来た。そこで狂四郎はたまたま、はる(田村寿子)という少女の水揚げに出喰わした。はるは何故か恐怖と憎悪の眼で狂四郎を見た。その時、突然狂四郎は、下曽我典馬(中谷一郎)を始めとする、武州疾風組の一隊に襲われた。狂四郎は、冴えわたった剣さばきで、それらの敵をなぎ倒すと、その内の一人をつかまえ、敵の正体を証した。はたして、彼らをあやつる首領は、将軍家息女、菊姫(毛利郁子)であった。狂四郎の脳裏に数年前の菊姫との出会いが甦えった。--淫虐な遊びに明け暮れ、遊びあきた男どもを次々と殺していた能面をつけた菊姫。狂四郎はその能面をひきさき、その下にかくされた、菊姫の醜貌を世間にさらしたのだ--。“井筒”での突然の襲撃は、その復讐の前ぶれであった。狂四郎は、難をのがれると、何かいわくありそうな少女はるを引きとり、住いの浄関寺へ連れもどった。はるは、父親を侍に殺されたため、侍すべてを憎むようになっていたのだ。狂四郎は、そんなはるの気持が不憫でならなかった。が、そんなうちにも菊姫の魔の手はのび、馬庭念流指南、赤松勘兵衛(五味龍太郎)の妻志乃を殺し、その罪を狂四郎にきせた。狂四郎は仕方なく、菊姫におどらされて彼を襲ってきた勘兵衛を斬ってすてた。その間も、狂四郎の命を狙って、菊姫の息のかかったお酒落狂女(香川景子)や、伝法な女おひさ(二代目水谷八重子)が、手をかえしなをかえ罠をはっていた。そして狂四郎が一筋縄では命を奪えぬとみるや、ついに狂四郎のもとに一緒に住むはるを奪い、狂四郎を菊姫屋敷におびき入れ、総攻撃をかけた。が、狂四郎の円月殺法は、そんな菊姫の執念を断ら切るかのように冴え、ついに菊姫が頼りとする、典馬をも斬った。今やこれまでと観念した菊姫は、狂四郎の剣をまたずに、自害し果てた。狂四郎は、はるを連れて風の鳴る武蔵野を後にした。

関連記事

  1. 眠狂四郎無頼控 魔性の肌 (1967)

  2. 眠狂四郎 魔性剣 (1965)

  3. 眠狂四郎殺法帖 (1963)

  4. 陸軍中野学校 密命 (1967)

  5. 眠狂四郎 勝負 (1964)

  6. 眠狂四郎 女妖剣 (1964)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。