眠狂四郎 無頼剣 (1966)

伊藤大輔がシナリオを執筆し、三隅研次が監督した“眠狂四郎”シリーズ第八作目。撮影は牧浦地志。

監督:三隅研次
出演:市川雷蔵、天地茂、藤村志保、工藤堅太郎、島田竜三、遠藤辰雄、上野山功一、香川良介、永田靖、酒井修

amazon : 眠狂四郎 無頼剣 (1966)
prime video : 眠狂四郎 無頼剣 (1966)
・YouTube : 眠狂四郎 無頼剣 (1966)

眠狂四郎 無頼剣 (1966)のストーリー

眠狂四郎(市川雷蔵)は武部仙十郎(永田靖)から、大塩忠斎の残党が不穏な動きを企てていると聞かされた。江戸一番の油問屋弥彦屋と一文字屋が押込み強盗にあい、町辻では角兵衛獅子兄妹、女芸人勝美太夫(藤村志保)なるものが現われ、不思議な火焔芸を披露しているが、これは大塩一味と関係があるという仙十郎の狙いだった。というのは、越後の地下水から油精製(石油)を研究した大塩忠斎・格之助父子が、その権利を一万両でゆずり貧民救済資金にしようと計画したが、義挙は商人の裏切りによって、挫折し、大塩父子が処刑されていたからだ。その帰途、狂四郎は弥彦屋お抱えの用心棒、日下部玄心(遠藤辰雄)の一党に襲われた勝美を救った。勝美は狂四郎の顔をみて驚いた。狂四郎と格之助が似ていたためであった。勝美の口から、一文字屋と弥彦屋を襲ったのは愛染(天地茂)と名乗る浪人一味で、中斎の恨みを晴らさんため、老中水野忠邦をも狙っており、しかも、格之助から油精製の図録を盗んだのは、一文字屋巳之吉に命じられた勝美であり、商人たちは図録を盗んでおいて大塩を幕府に売ったのだ。勝美はその後で自分の罪の深さを知って、巳之吉に恨みを返さんため動いていると聞かされた。勝美を銀杏長屋に送った狂四郎は、そこで愛染一味に襲われた。愛染一味は図録を盗んだ勝美を殺そうと狙っていたのだ。愛染と対決した狂四郎は驚いた。愛染は狂四郎と全く同じ円月殺法を遣ったからだ。それは狂四郎を鏡に写したごとく正確で、勝負は持ちこされた。亥の子祝いの日、愛染一味は弥彦屋と一文字屋を焼き払い、忠邦を襲った。そこには狂四郎が待ちうけていた。愛染と狂四郎の一騎打ち。同じ円月がゆっくり廻っていった。静かに倒れふしたのは愛染の方であった。

関連記事

  1. 新撰組始末記 (1963)

  2. 眠狂四郎 多情剣 (1966)

  3. 眠狂四郎殺法帖 (1963)

  4. 眠狂四郎 魔性剣 (1965)

  5. 編笠権八 (1956)

  6. 剣 (1964)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。