若親分あばれ飛車 (1966)

高岩肇がシナリオを執筆、田中重雄が監督した“若親分シリーズ”第五作目。撮影はコンビの高橋通夫。

監督: 田中重雄
出演:市川雷蔵、嵯峨三智子、夏木章、見明凡太郎、青山良彦

amazon : 若親分あばれ飛車 (1966)
・prime video : 若親分あばれ飛車 (1966)

若親分あばれ飛車 (1966)のストーリー

大正末期のある初夏、軍港に隣接する大浜市では、郷里出身の大物政治家田所徳次郎を迎えて築港拡張工事の起工式を行い、街は沸き返っていた。そんな時に現われたのが、久し振りに故郷に帰ってきた元海軍士官南条武であった。武を迎えて喜んだのは、解散した南条組の代貸だった猪之肋だった。猪之助は、南条組を再興してくれ、と武に頼んだが、武はかたくなに拒んだ。武は誰も知らない土地で新しい人生を拓きたい、という望みをもっていたからだ。しかし、海軍時代の親友井川から、軍の納入を一手に請負ってる北門組と軍とのつながりに、何か不正なことがあると知らされて、正義感の強い武はじっとしていられなくなった。一方、猪之助の長男で市の土木課に勤める五郎は、北門組の工事入札に不正を見つけたが、そのために北門組に襲われた。五郎を助けたのは偶然通りかかった武だった。そして武は、仁侠の道を守るため、ついに南条組再興を決意し、そのことを料亭「千花」に来ていた北門辰造に告げた。それは北門組に対する武の宣戦布告であった。武を容易ならぬ相手と知った辰造は武をその場で葬り去ろうとしたが、素手の武を助けたのは「千花」の養女千鶴だった。だが、千鶴は武が昔斬った男の娘だったのだ。そんな因縁に結ばれた二人は、しかし心の通い合うものがあった。やがて、北門組と南条組の対立は、日増しに激しくなっていた。ある日、猪之助は北門組を探るため深入りしてしまい、殺されてしまった。これを知った武はついに立ち上がった。単身乗り込んだ武は凄じい勢いで辰造を倒し、そしてその不正の数々の証拠を握った。事件は中央政界と密接に結びついていたのだ。やがて、この真相を裁判で陳述するため、武は意気揚々と東京に向うのだった。

関連記事

  1. 若親分を消せ (1967)

  2. 若親分出獄 (1965)

  3. 若親分兇状旅 (1967)

  4. 若親分シリーズ

  5. 若親分喧嘩状 (1966)

  6. 若親分千両肌 (1967)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。