若親分喧嘩状 (1966)

高岩肇がシナリオを執筆、池広一夫が監督した“若親分”シリーズ第三作目。撮影は森田富士郎。

監督: 池広一夫
出演:市川雷蔵、高田美和、江波杏子、小山明子、滝田裕介、内藤武敏

amazon : 若親分喧嘩状 (1966)
prime video : 若親分喧嘩状 (1966)
・YouTube : 若親分喧嘩状 (1966)

若親分喧嘩状 (1966)のストーリー

大正初期。海軍少尉から若親分に転身、さらに軍服姿で鎮守府に血の雨を降らせた南条武(市川雷蔵)は、上海の裏町で陰謀家の手から、蒙古正姫トクーズ( 江波杏子 )を奪還して日本へ連れ去った。武は姫が蒙古独立の美名のもとに、帝国陸軍過激派に利用され、東洋平和の乱されることを恐れ、姫を東京にある憂国の士木島剛の許に預けた。木島は快くこれを引受け、武に自分の後継者の地位を与えようとしたが、遊侠の道に生きる覚悟の武は、その栄誉を固辞して、横浜の親分高遠弥之助の客分として一時身をおくことになった。弥之助は武の亡父の弟分に当り、いまは解散した南条組の生残り仙之助も高遠組の世話になっていた。しかし、新興やくざ猪之原は、弥之助がことあるごとに武をたてるのを面白く思わず、さらに猪之原がかねて想いをよせていた芸者喜久松を暴力で物にしようとするところを武に邪魔され、武に恨みを抱くようになっていった。当時横浜では猪之原が総会荒しと株の買占めで物産会社や海運会社の乗取りを策していたが、背後には阿片密輸や利権拡大を計る外国商社のビクトルが糸を引いており、また満蒙の独立革命を企む陸軍の過激派が、密輸に協力する代償として武器兵力を大陸へ送る船舶利用を密約しているのだった。ことの重大さを知る木島は、武に猪之原の朝日海運乗取りを防ぐよう依頼した。一方、港新報記者山本健は、ヤクザをにくみ、連日紙面でヤクザの悪業をたたいていた。そんなとき大陸の革命を急ぐ過激派将校川上中佐、熊田大尉らは、トクーズ姫を奪うため木島を斬った。武は木島の遺言を守り、海軍にたのんでトクーズ姫を渡米させた。また、そのころ山本の必死の活躍で、猪之原の資金源である。阿片窟は、警察の手入れで消滅してしまった。窮した猪之助は、武を殺そうとしたが、誤って弥之助を殺害してしまった。武は山本のとめるのも聞かず、燃える怒りを胸にして、単身猪之原一家になぐりこみ、猪之原を斬った。

関連記事

  1. 若親分シリーズ

  2. かげろう侍 (1961)

  3. 花の兄弟 (1961)

  4. 眠狂四郎 悪女狩り (1969)

  5. 若親分兇状旅 (1967)

  6. 忍びの者 続霧隠才蔵 (1964)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。