若親分千両肌 (1967)

直居欽哉がシナリオを執筆し、池広一夫が監督した“若親分”シリーズ第八作目。撮影は武田千吉郎。

監督:池広一夫
出演:市川雷蔵、藤村志保、久保菜穂子、坂本スミ子、藤巻潤、長門勇、東野英治郎、山口崇

amazon : 若親分千両肌 (1967)
・prime video : 若親分千両肌 (1967)

若親分千両肌 (1967)のストーリー

南条武(市川雷蔵)は、栄吉という男と間違われて何者かに襲われ、奇術一座の辰丸に助けられた。一座と共に宇島に来た武は、栄吉が青柳組親分の竜作の息子で、竜作の養女君江の許婚者でもあり、長い間行方不明の男だと知った。青柳組の代貸黒崎は、竜作の病気をよいことに、勝手に組を取り仕切っていた。ある日、武はかつての同期生水上海軍少尉と会い、青柳組が建設中の海軍秘密兵器工場を訪ねて、酸素魚雷の発射実験を見学した。翌日、その工場が爆破された上、秘密兵器の設計図が盗まれてしまった。その疑いは武と水上少尉、それに竜作にかかった。武は一週間以内に真犯人を捕えると確約して事件の捜査にかかった。その頃、君江は栄吉から連絡を受け、武に知らせた。だが、栄吉は爆破事件の真相を知りながら、やくざの父竜作を嫌って証言しようとはしなかった。武は間もなく特務機関上りの大杉が江藤技術少尉と関係のあることを突きとめた。その上、黒崎がライバルの赤松組と通じて青柳組を乗っ取ろうと企て、栄吉を狙っていること、大杉がその赤松と黒崎を利用して秘密兵器工場を爆破させ、技術将校の立場を利用した江藤が設計図を盗み出したことも分かった。栄吉は、黒崎の女とも知らず女給葉子を信じたために、赤松組に監禁されてしまった。武は、海軍士官に変装し、警戒線をくぐり抜けて巧みに栄吉を救出し、事件の元凶大杉の所に向かった。大杉は、いまや邪魔者になった赤松や黒崎を処分すると、江藤と共に設計図を持って海外へ逃亡しようとしていたが、武の刀の下に倒れていった。

関連記事

  1. 若親分喧嘩状 (1966)

  2. 若親分出獄 (1965)

  3. 中山七里 (1962)

  4. 花の兄弟 (1961)

  5. 眠狂四郎 悪女狩り (1969)

  6. 若親分 (1965)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。