眠狂四郎 女地獄 (1968)

高岩肇がシナリオを執筆し、田中徳三が監督した“眠狂四郎”シリーズ第十作目。撮影も森田富士郎。

監督: 田中徳三
出演:市川雷蔵、高田美和、二代目水谷八重子、田村高広、小沢栄太郎、伊藤雄之助、安部徹、渚まゆみ、三木本賀代

amazon : 眠狂四郎 女地獄 (1968)
prime video : 眠狂四郎 女地獄 (1968)
・YouTube : 眠狂四郎 女地獄 (1968)

眠狂四郎 女地獄 (1968)のストーリー

旅の途中、眠狂四郎(市川雷蔵)は何者かに襲われて息を引きとっていった密使から、緋鹿の子しぼりの手絡を受取った。そのため、狂四郎は佐伯藩国家老、堀采女正(小沢栄太郎)と、城代家老、稲田外記(安部徹)の権力争いの渦中に巻き込まれていった。采女正派からは外記派の一人と信じられ、外記派からは密書を奪い去ったと誤解され、両派の刺客が狂四郎の身辺に現われはじめた。だが、狂四郎は、密書とは知らずに、手絡を角兵衛獅子のおちか(織田利枝子)に与えていたのだった。道中、狂四郎はひと目で女と分る男装の旅人に道連れになってほしいと頼まれたが断った。その直後、狂四郎は惨殺死体となったおちかを発見した。手絡は奪われていなかったが、それには「姫国表に向う」という隠し文字が谷川の水で浮び出ていたのである。城下に着くまでに、狂四郎は外記派の刺客辰馬(田村高広)、金と出世が目的で采女正にやとわれた甚内らと剣を交えたり、色仕掛けで狂四郎の命を狙う女たちの手を逃れたり、危ない目にあった。一方、権力の後楯として小夜姫(高田美和)を狙う二派のうち、ついに外記は、男装姿の旅人に化けて国に現われた小夜姫を捕え、幽閉してしまった。しかし、二派の抗争は、その外記が甚内の剣に倒されたことにより決着がついた。やがて、采女正が佐伯藩の実権を半ば手中にして登城する途中、辰馬が采女正の駕籠を襲った。だが中から現われたのは、狂四郎である。狂四郎は、辰馬がおちかの兄で、采女正の妾腹の子であるのを知り、父を討たせまいとしたのだ。だが、辰馬は母子を捨てた采女正に復讐しようとしていたのである。采女正はそんな辰馬を実子と知りながら、卑怯にも短銃で射ち殺した。辰馬に自分と同じ宿命の重さを見る狂四郎は怒り、得意の円月殺法で采女正とその一派を倒していった。

関連記事

  1. 濡れ髪三度笠 (1959)

  2. 眠狂四郎 人肌蜘蛛 (1969)

  3. 浮かれ三度笠 (1959)

  4. 眠狂四郎 無頼剣 (1966)

  5. 花くらべ狸道中 (1961)

  6. 大殺陣 雄呂血 (1966)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。