眠狂四郎 円月斬り (1964)

柴田錬三郎の原作を星川清司が脚色、安田公義が監督した大映狂四郎シリーズの一編。撮影は牧浦地志。

監督:安田公義
出演:市川雷蔵、浜田ゆう子、東京子、丸井太郎、成田純一郎、上村謙二郎

amazon : 眠狂四郎 円月斬り (1964)
prime video : 眠狂四郎 円月斬り (1964)
・YouTube : 眠狂四郎 円月斬り (1964)

眠狂四郎 円月斬り (1964)のストーリー

将軍家斉の庶子、片桐高之(成田純一郎)は、母松女の野望に駆り立てられ次期将軍の座を狙っていた。ある日高之は新刀の試斬りに川原で飢饉で地方から避難して来た百姓の老人を斬り殺した。ちょうどそこを通りかかった狂四郎(市川雷蔵)は、それを目撃するが、老人の仲間からは誤解されて憎しみを受け、また高之からも狙われることになった。そんな狂四郎はある日、高之の使の腰元小波(東京子)の迎えを受け川舟へ案内された。そこで狂四郎は仕官をすすめられ、さらに愛刀無想正宗を所望されたが、狂四郎はこれを拒絶し、高之側近の剣客戸田の右腕を斬り落して立去った。小波は豪商山崎屋伝右衛門の娘で、伝右衛門は小波に未来の将軍御台所の夢を托し、高之に経済的な援助を与えていた。そんな小波を高之も愛し、妻に迎える約束を交していた。

一方狂四郎は高之の邸に忍び入り、小波を寝室に襲って犯した。憎悪に燃える小波は片桐家に恩義をこうむる剣客寄居勘兵衛(上村謙二郎)を狂四郎の許へ送った。しかし狂四郎は勘兵衛の人物を惜しみながらもこれを斬り倒した。さらに高之は死刑囚むささびの伴蔵を釈放して狂四郎を倒そうとした。伴蔵の手裏剣と高之配下の剣士たちの殺陣をきり抜けた狂四郎は、そこで憎悪に燃えた小波を見た。一方高之のために試斬りにされた老人の忰太十は、復讐のために小波をさらったが、それを知った高之のために逆に捕われの身となってしまった。駆けつけた狂四郎は太十の命と引換えに無想正宗を高之に与え、自ら捕われの身となった。しかし狂四郎を憎みながらも女として愛すようになっていた小波に刀をもらった狂四郎は牢を脱出して向柳原の橋上で高之と対決した。狂四郎の剣が円を描き、その足下に高之はくずれ落ちた。

関連記事

  1. 眠狂四郎無頼控 魔性の肌 (1967)

  2. 眠狂四郎 魔性剣 (1965)

  3. 眠狂四郎 多情剣 (1966)

  4. 眠狂四郎 人肌蜘蛛 (1969)

  5. 眠狂四郎 悪女狩り (1969)

  6. 眠狂四郎 女地獄 (1968)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。